プロフィール

元気の子

Author:元気の子
多くの介護関係者が何となく思っていることを、あたかも理論的に言語化するのが好きですが、エビデンスはほとんどないのでご了承ください。

(連絡先)
info@yotsubakai.or.jp




最新トラックバック



カテゴリ


先日、

社会福祉士コースの実習生を受け入れ

その担当者になるための講習を受けてきました。




まずは、

丸二日間の缶詰座学講習を

一睡もしないで真面目に受けてきた自分を

素直に褒めてあげたい。




気持ち的にはこんな感じで↓




スタンディングオべーション




さて、




なぜ一睡もせず、

頑張れたかというと、




真面目に考えていたからです。




「ソーシャルワークとは何ぞや?」

「その専門性とは?」

「そしてそれは本当に世の中にとってニーズがあるのか?」





ということを。




今さら。




福祉学科を卒業して介護の仕事を10年以上している私が、

今さらそのようなことを考えてしまうというのが、

ソシャルワークの奥深さであり曖昧さです。




でも、

おかげさまでやっと悟りが開けました。




それもこれも今回の講習のおかげです。




もし、このような機会がなければ、

二日間朝から晩までソーシャルワークのことだけを

本気で考えるようなことは、

一生ないでしょうから。




いや、

百回生まれ変わってもないでしょう。




なので、

せっかくの悟りを忘れてしまわないように、

今日からソーシャルワークについての記事を

書いていこうと思います。




というわけで今日は以上です。




え?もったいぶるなって?




「よよいっ!!

も~~~ォオオしわけありあせん~~~ァ!!!

あいやしばし あ しばし待ァちゃ~がれェ~いっ!!」


クマドリ




☆本日の結論
「リクエストがあれば、よろしくお願いします。」

選挙あれこれ

今回の選挙,

投票率の低さが問題視され,

TVもそれを厳しく報じていますが,




投票率を上げたければ,

選挙期間中,

ゴールデンタイムでひたすら選挙特番を組めばよいわけで,




期間中はおろか,

選挙当日でさえ,容赦なくお笑い番組を組み込み,

あたかも選挙そのものを無視したかのような行動をしているマスコミが

偉そうに言う権利はないのです。




選挙当日にバラエティー番組ばかり流すTVが,

選挙当日に投票に行かず遊びに行っている若者のことを攻撃する。




この現象は,

精神分析的には,

「自己の悪いものを分裂排除して,

他者にそれを投影し攻撃する様」


と表現できます。




要するに,

自分は悪くない。悪いのは彼だ。

という姿勢のことです。




さて,




翌日の朝になると,

TVでは,

選挙のことはチラっと触れる程度で,

やれクリスマスだのなんだのと,

あたかも選挙なんかなかったかのような有様です。




これも,まあ,

楽観的というか。

ベーシックアサンプションで言う

「つがい文化」の象徴を見るようです。




おしまい。




☆本日の結論
「これらの概念は一見不可解な現象を説明するのに便利。」

生活リズム

例のガラパゴス特養に

見学に行った職員から

次々と報告を受けています。




そして,

入院日数減等の

良い結果をもたらした要因を

分析しています。




でもって,

今の時点で私が考える

自施設との最も大きな違いは,

個々の利用者の

生活リズムに対する視点


です。




この視点及び介入が,

個々の利用者のストレスを緩和させ,

ケアの効果を最大化させている

要因だと思います。




さらに,

そのリズムを守るために,

捨てるべきものは捨てる

という柔軟的な判断も

正しい形でできているように思います。




また,

生活リズムに対する視点を持つことは,

現場のケアワーカーだけでは

非常に困難であり,

外側からの客観的な視点が

圧倒的に必要です。




このリズムを作り出す作業は,

まさにオーケストラの指揮のようなものでしょうか。




有能な専門職を寄せ集めるだけでは,

良いケアの結果は出ないというのは,

こういうことですね。




おしまい。




☆本日の結論
「良いことに気付きました。」

 | BLOG TOP |