プロフィール

元気の子

Author:元気の子
多くの介護関係者が何となく思っていることを、あたかも理論的に言語化するのが好きですが、エビデンスはほとんどないのでご了承ください。

(連絡先)
info@yotsubakai.or.jp




最新トラックバック



カテゴリ


脱臭機

特養にしては、施設臭がしないと有名?な元気の家でも

やはり時々臭います。

特に喚起の悪い場所は臭いがこもってしまいます。

よって、臭いを取り除くアイテムにはいつも興味津津なのです。

そこで、今人気のシャープのプラズマクラスター

プラズマクラスターの詳しい能力についてはこちらで。

このマシン、吹き出し口にアンモニア液をもっていくとみるみる消えてしまうというデモンストレーションがインパクト大です。

おそらくどの家電屋さんに行っても、このエピソードは聞かされるでしょう。

しかし、私はこの(家電用の)プラズマクラスターに対しては、その有効範囲に対して疑問視しています。、

ただでさえ有効範囲は6畳と狭めなのですが、

その6畳の部屋の中という条件でさえも、

吹き出し口ではなく、部屋の端にあるアンモニアを消し去るほどのことができるかどうか?

ましてや施設の広いスペースでは??

という疑いです。

またこの商品は「脱臭」ではなく「殺菌」がメインなのですが、

実際にウイルスがなくなっていく様子が目に見えるわけではないので、

イマイチ説得力に欠けます。

だから、結局、「脱臭」という形でしか私達はプラズマクラスターの能力を実感できません。

だったら、

「脱臭」という限定した能力に特化して考えるのであれば、

断然!富士通ゼネラルのHDS-3000SかDAS301Rがお勧めです。

先日、元気の家でもDAS301Rを購入しました。

ネットでの口コミ評価の通り、その威力は絶大で、瞬く間に臭いを消し去ってしまいました。

空気清浄機の150倍の脱臭力という宣伝文句は伊達ではないです。

ただし、空気清浄機能とかウイルス退治という能力は二の次で、

あくまで「脱臭」にこだわった商品です。

また、有効は20畳までなので、食堂や機能訓練室ではあまり力を発揮できません。

元気の家では居室と相談室で使用しています。

タバコの臭いに対しても威力絶大みたいなので、

もしヘビースモーカーがいる事務室なんかで使用したら、画期的な効果が期待できるのではないでしょうか。


☆本日の結論
「食堂や機能訓練室のような広い空間の臭いを消し去る機械は、ヤマダ電気には売っていない。」


※ちなみにシャープからプラズマクラスター搭載の空気清浄機や加湿器やエアコンが発売されていますが、これらの商品は有効範囲20畳用とか30畳用となっていますが、肝心のプラズマクラスターイオン発生装置自体は6畳用の物であることが多いので注意が必要です。あくまで加湿やエアコン機能の範囲だと考えた方がいいでしょう。

今、元気の家では、

施設のインフルエンザ対策として、

居室や共有スペースのウイルスを除去する

マシーンの購入を検討しています。




とりあえずエレベーター内には、

シャープのプラズマクラスターを設置することにしました。

エレベーターのような閉ざされた狭い空間では、

コンパクトボディーで手間いらずのコレが一番でしょう。

何といってもデザインが良いしね。




もっとコンパクトなポータブルタイプもあるので、

これでもいいかな?との思いもありますが、

やはり大き目が無難だろうと思います。




居室や共有スペースには、

そのままプラズマクラスターのリビングタイプという手もありますが、

もっと説得力のある商品があるんですよ、お客さん!




それは、ダイキンの空気清浄機で、

うるおい光クリエールMCK75K

です。




これは、かねてより定評のあった

うるおい光クリエールMCK75

の2009最新モデルです。

※購入時にとを間違えないように!




2009モデルのMCK75は、

4倍のスピードでウイルスを除去します。




ちなみに、CK75Kという品番は、

量販店モデルです。

※ダイキン直営店モデルの品番はCK75K。




ダイキンに問い合わせたところ、

CKもCKも能力は同じとのことでしたが、

担当者の微妙に震えた声からは、

「量販店によっては、

能力ダウンにつながりかねないコストダウン策が

採用されているかもしれませんよ。フッフッフ。」


というメッセージを感じ取ることが出来ました。




まるでマクドナルドの肉は本当に牛肉100%なの?

みたいな世界ですが、

最終的には、少々コストUPになっても、

ダイキン直営モデル(ACK)を購入すると思います。




尚、この商品のように加湿器と空気清浄機が

セットになっているものは、かなり加湿機能は劣るので、

旧型インフルエンザ対策として居室(個室)で用いるなら、

別に専用の加湿器を設置することをお勧めします。




さて、

空気清浄機系ではダイキンの光クリエールが最強なのですが、

ある意味、もっと魅力的な商品があります。




それは、ホクテイというメーカーの

アピアミストです。




こんなバカでかくてダサいマシーンが置けるかよ!

と思われた方に朗報です。

10畳程度のスペースであれば、

アピアミストミニという普通の加湿器のような商品が

発売されています。(サイトには載っていませんが\35,000程度です。)




このアピアミストの特徴は、

微酸性電解水という、

人には優しく、ウイルスには容赦なく強い液体

を噴霧することです。

詳しくはコチラの説明をご覧ください。




実は、この微酸性水は、

以前から元気の家で使用しています。

なによりノロウイルスに効果があるのが魅力です。

未だに、ノロ対策で次亜塩素酸ナトリウム

を使用している施設の皆さん!大変でしょう!

どう考えても微酸性水の方が便利且つ強力ですよ。

すぐに購入しましょう!




但し、

微酸性水を生成する装置を購入する必要があります。

詳しくはコチラをどうぞ。




元気の家では、

毎日厨房で微酸性水を生成し家庭用のタンクに入れ、

それを各フロアが持ち上がって使用しています。

清掃スタッフはもちろん、

介護スタッフの手の消毒や

机拭きにも使用しています。

アルコールより遥かに手に優しいのがうれしいですね

※アルコールはノロに全く効かねーし。




今回アピアミストの購入を断念した理由は、

いちいち微酸性水を補給するのが手間だからです。

でも万が一、光クリエールの効果がなかった場合は、

リーサル・ウエポンとして投入する予定です。




以上、

施設や自宅のインフルエンザ対策として

参考にしてみてください。




始まりはいつも家電ネタ

のマニア学科でした。

いや、マニア学科Zでした




☆本日の結論
「これらのマシーンの能力を、信じるか信じないかはあなた次第。」

本日2Fのレクルームに行くと、

ズラッと座っている入居者を尻目に、

部屋の片隅でスタッフが作業をしていました。




「何してるの?」




「皆のコーヒーやお茶を作っています。」




「そんなの利用者にセルフでしてもらった方がいいよ。

やれば出来る方が多いのに、今暇そうにしてるんだから。

そういう活動こそ大事なんだよ。」





「でもお湯が…。」




「何言ってんの!そんな時のためにコレを買ったんじゃないか!

説明しよう。これはコードレス状態でも保温されるんだよ。」





「そ、そんな便利な機能があったのですか!?」




「そうだよ。

これで今日から利用者がテーブルにいながら

飲み物が作れるね。」





「そうですね




これにて一件落着。




☆本日の結論
「これからポットを買うなら魔法瓶タイプがオススメ!」

コレ、な~んだ?




弐号機




実はコレ、

ベッドサイドに装着して使用する

床頭台(しょうとうだい)なのです。




↓は装着図。

装着図




ちなみにコレは弐号機で、

初号機はコレ↓です。

初号機




この初号機も、

当時としては画期的な代物で、

随分と活躍してくれました。




しかし、




初号機が立ち上がりを支援する

機能くらいしかないのに対して、




弐号機は寝返り、起き上がりを支援する

機能が加わっています。





これは、

プレステ1がプレステ2になった以上の進化です。




あるいは、

ターミネータ1がターミネータ2になった以上の進化です。




この弐号機の使用方法に関しては、

コチラ→元気の家HP

に詳しく掲載していますので、

是非ご覧ください。




この弐号機の開発に関わった全ての方に感謝します。




特に、

福山医療器の山岡さんには

容赦ないご支援をいただきました。




また、

開発途上においてはパ〇マウント〇ッドのMさんにも、

色々とお世話になりました。




さらには、

OTの深井さんにも見学時にナイスなアドバイスをいただきました。




この弐号機により、

一人でも多くの入居者が自立に出来ればいいですね。

(なぜか人事)




☆本日の結論
「特許は取ってないので、ご自由に模倣してください。」

鍋は良いよねぇ。




元気の家では、

冬、週2回は鍋をしています。




最近は、

ちゃんこ鍋や豆乳鍋など、

鍋の中で味が付いているものが多いですが、




水炊きやしゃぶしゃぶなど

ポン酢につけて食べる場合は、

ポン酢にこだわりましょう。




なぜなら、

ポン酢の味が全てだからです。




食材が良かろうが悪かろうが、

出汁が上手くとれていようがいまいが、

ポン酢が美味ければ美味いのです。





おそらく多くの皆様がご愛用のポン酢はコレでしょう。

味ぽん





これが悪いとは言いません。

なんせ安いし。

とりあえず間違いないし。




でも、

このポン酢で食べたら、

もう味ぽん君には戻れなくなります。


ゆずの村




ご存知の方も多いでしょう。

高知県馬路村の「ぽん酢しょうゆ・ゆずの村」です。

サイトはコチラ→馬路村HP




去年と今年の冬、

私は古今東西のポン酢を試してみました。

中には決して常用できないような

プレミアポン酢もありました。




でも、

この「馬路村ぽん酢」を超える奴はなかったです。

他のポン酢とこの「馬路村ぽん酢」は明らかに違います。




ポン酢というのは、

こだわればこだわるほど、

どうしても柑橘系のクセが強くなります。




でも、この「馬路村ぽん酢」は、

しっかり味がついているにも関わらず

見事にバランス良く出来ていて、

全くクセを感じないのです。




だから食べた時には

旨みしか感じないです。




特に大根おろしと共に食べると、

脳にダイレクトに旨みが届きます。





化学調味料も控えめなので気になりません。




次回、

元気の家で水炊きをする時には、

コイツを使おうと思っています。




きっと、

入居者の食欲も違うはずです。




皆様も、この連休にでもお試しあれ。




☆本日の結論
「岡山のスーパで、確実に取り扱っているのはハローズだけです。」

仕事を忘れないために、

手の甲にボールペンでメモる。




いわゆる手メモ。




あれやってる介護スタッフって

多いですよね。




私は反対です。




なんとなく品がないから。




肌も痛々しいし。




でもって、

特に女性の場合、

プライベートでの食事や買い物の時に

手に薄っすらと文字の後がついてたら、

かなりのマイナスポイントだし。




さらに、

そこに「山田さんトイレ誘導」とか書いてたら、

個人情報流出だし。




んじゃあ、他に方法があるのか?

って言われて考えてみたけど…




やっぱ手メモが一番確実なんだよね。




ならばアイテムで!




と思って探してみたら

面白い物があった。




リストイット




リストイットって商品。




用事がたくさんあれば、

何個も巻いて、

用事が終わり次第捨てていけば良い。

(紙で出来ていて、コストも安いから、

そういう使い方も可能。)




皮膚に書いたボールペンの字は、

用事が済んでも簡単に消せないしね。




また、カラーバリエーションも豊富だから、

仕事のカテゴリで色分けしてもいい。




何といっても格好が良い!




早速購入して現場で試してみよっと。




ん、待てよ、

安いと言っても一枚12円だから、

全スタッフ対象となると、

一日一人一枚使っても、

12円×40人×30日=14,400円(月額)




う~ん、

微妙だなぁ。




導入するにしても、

予算的には、一人一日二枚までってのが限界かな?




まあ、いいや。




そんなことよりも、

実は本当はコレが欲しかったんだ。




残念ながらもう製造していないらしい。




やっぱ、

手を洗ったり手袋したりする時に

邪魔だったのかなぁ。




惜しい!




☆本日の結論
「手の甲にでかいカットバンを貼っておいて、それに書く方法もある。」


今日、

施設の布団乾燥機が壊れたので、

代わりの物を買いに行ったら、




プラズマクラスター乾燥機

を売っていた。




シャープの野郎、

なんでもかんでもプラクラ化しやがって。




欲しくなるじゃねぇかコノヤロー。




プラクラだから、

布団を温めるだけでなく、

殺菌・消臭効果もある。




布団だけでなく部屋全体にも効果がある。




らしい。




効果を目で見て確認できるわけではないので、

良いだろうというイメージ先行なのだが、

やっぱええなぁ。




こんなのが、

全居室に一台づつあったら、

最高やなぁ~。

(ちなみに現状は各フロアに三菱製が一台づつ)





毎日寝るのが楽しみになるでぇ。

ええ夢見れるでぇ。




就寝介助するスタッフまでテンション上がるわ。




でも無理や。




高すぎる。




施設では絶対に無理や。




でも、




いや、




待てよ、




例えば、




複数の利用者が交互に利用する

デイサービスのベッドなんかだと効果的かも。




その都度のシーツ交換がベストだが、

さすがにそれはしんどいと思うので、

その都度プラクラの乾燥機をかけるってのはどうだろう?




実際、どの程度の効果があるのかは定かではないけど、

なんか良いことしているような気がしませんか?




この使い方なら

施設に一台置いておくだけで効果的だし。




さあ、

このプラズマクラスター乾燥機、

今ならメーカー希望小売価格25,000円のところを

なんと19,800円で提供します。




しかも、

このブログを読んで30分以内にお電話いただければ、

高級羽毛布団セットも差し上げます!











☆本日の結論
「マジで電話してくる人はいないっすよね?」

お勧めチェア

私は、

座位を2種類に分けて考えています。




一つは、活動的な座位

もう一つは、安楽な座位




活動的な座位のための椅子とは、

↓な感じのやつです。




活動的な椅子




主に食事やレクの時に使用します。




この椅子に座る時は、

いわゆるズッコケ座りではなく、

腹背筋やふくらはぎで身体を支え、

↓のような姿勢をこころがけます。




活動的な座位




実際の活動時は、

もう少し足を引いて

上半身を前傾させるようになると思います。




この姿勢を維持すると、

それだけで立派なトレーニングになります。




ということは、

それだけ身体に負荷がかかっているということなので、




体力がない人が

長時間この姿勢を続けるのは難しいです。




また、

体力がある人でも、

何の活動もない(退屈な)状態でこの姿勢をキープするのは、

もはや苦行です。




なので、

そういう状況では、

徐々にズッコケ座りに移行していくか、

机に伏せて寝てしまうようになります。




そうなると、

この活動的な座位のための椅子は、

もはや適していません。




だからと言って、すぐに、

GO TO BED

というのもいかがなものか?




ってことで、




安楽な座位をとってもらおう、

そして、それに適した椅子を用意しよう、

となります。




一般的には、

ソファーが用いられていますが、




施設によっては数が少なかったり、

サイズやクッション面で使い勝手が悪かったり、

一緒に座る人の相性の問題があったり、

等などなかなか有効活用できていないのでは?

と思います。





また、

ソファーがある場所に移動するのではなく、

食事やレクのテーブルにいるまま、

椅子だけを交換する方が、

コミュニティ形成上良いのではないかと考えます。




そこでお勧めしたいのが↓です。




リクライニングチェア

商品サイトはコチラ




・体力的に活動的な座位が苦しくなった方

・退屈な時間帯





そういう時は、

この椅子に座り替えてもらってはいかがでしょう?




逆に言えば、




退屈な時間帯が長くあったとしても、

こういった椅子に座っていれば、

苦痛なく違和感無く過ごしてもらえるわけです。





リクライニングンの角度はもちろん

高さ調整も可能です。




ネックは、

布地のため汚れやすいことと、→失禁リスクがある方にはNG

カラーが一色であることと、

ティルト機能がないことですが、→褥瘡リスクがある方には慎重に




まあ、でも、

この値段なので、

(交渉によっては1万5千円くらいにはなるかも)

全然ありでしょう。




先日の会議で、

該当者には一人に一脚用意しようか?

と提案しましたが、

なぜか現場のスタッフは、

「いえ、とりあえずフロアに一台あればいいです」

という返事でした。




おいおい、普通逆やで。




何ビビッてんだよ。




ほら、今日も現場見たら、

活動的な座位のための椅子で

ズッコケたり、ウトウトしてたりの場面が多いじゃんかよ!




もう勝手に多く買っちゃうぞ。




気が変わらないうちに。




☆本日の結論
「アフィリエイトじゃないからね。」

ドーピング

いよいよ12月になってしまいました。




忘年会シーズンですね。




私は、その手の会には極力参加しないようにしています。




ま、そもそも呼ばれることが少ないのですが。




が、もし、やむを得ず参加した場合、




非常にリスキーなのです。




なぜかというと、




この時期は魚が美味いため、ついつい和食系をチョイス。





お、この刺身美味いなぁ。

でも、ビールじゃいまいち合わないなぁ。

ましてやワインなんてなぁ。





やっぱ日本酒かな。





というわけで、

天敵の日本酒を大量飲酒してしまう可能性があるのです。




私、

ビールやワインや焼酎はいくら飲んでも平気ですが、

日本酒に関しては、

たった一合飲んだだけで

心身の状態がおかしくなります。




予測不可能な出来事が起こります。




だから、

この時期は非常に危険なのです。




で、




何か良いアイテムがないか探しました。




栄養ドリンク系は信用していないので、

普段は全く飲みませんが、




ありました。




レバウルソ




キャベジンのように、

胃腸の働きを助けるものではなく、




肝臓に直接働きかけ、

(レバウルソっていうくらいですから)




アルコールの分解を促進し、

肝臓そのものも守るらしいです。




だから、

飲みすぎのは効果があっても、

食べすぎには効果がないので、

ご注意を。




さっそく、




本番前に、

家で日本酒テストをしてみましたが、

余裕でクリアしました。




てか、

最近は毎日飲んでますが、

いつもよりも酔わないので、

寝つきが悪くて困るくらいです。




で、




今日が本番です。




実践で効果があるかどうか試してきます!




☆本日の結論
「皆さんもお試しください。」

朝礼、夕礼を、

データを見ながら他職種共同でガンガンやる。

そして、必要なことをメモりまくる。




そんなときには、

オルフェーブル




じゃなかった、

ハイテーブル

が便利です。




例えばこんなやつです↓

ハイテーブル




これは昇降式ですが、

そんな機能はなくてもよくて(どうせ活用せんし)

高ければ(1100~1200)良いです。




ベストは、

8名くらいが囲めるくらいの

大きさでしょうか。




利点は、




立ったままでも

書類と目の距離が近いので、

データが見やすい


ことと、




立ったままでも

テーブルの上にメモを置いて書ける

ことです。





たかだかその程度のことですが、

実際に使ってみると

かなりの便利さを感じること間違いなしです。




あなたの施設にも

一台いかがでしょう?




☆本日の結論
「腰痛防止にもなります。」

 | BLOG TOP |