前回の記事で言いたいことは、

要するに、

職員との葛藤を生み出すというリスク、

これを引き受けることができるのか?

ということです。




リスクなきところにリターンなしです。




ドラッガーも、

「部下を脅威に感じるマネジャーは、そもそもの資質がない!」

と言いきっていますし。




さて、

このリスクという言葉ですが、




これは、

事の重大さ×発生確率

で弾き出すものです。




介護現場における事の重大さとは、

利用者の死亡 > 骨折入院 > かすり傷

あるいは、

訴訟 > 風評被害 > 苦情 > 家族・ケアマネに愚痴る

というイメージで考えてもらえは良いです。




よって、

カンファレンスで「リスク」という言葉を聞いたら、

どんな事態がどの確率で起きるか?

ということを明らかにする議論をしてこそ専門職と言えます。




例えば、

介護職の発案で、

特浴から個浴に移行しようとした際に、

看護職やリハ職から

「それはリスクが高いから止めた方が…」

と言われた際に、




「利用者にとって具体的にどのような不利益が

起きると考えていますか?」

「また、その発生確率はどの程度だと思われますか?」


ということを聞くわけです。




でもって、

そのリスクと、

個浴に入ったことによる利用者の利益とを天秤にかけて、

結論を出すというやり方です。




これが多職種協働のカンファの理想形です。

介護現場ではハードルが高いと思いますが、

目標としてもらいたいものです。




ちなみに、

リスクの程度を確認しないまま、

取り組みを撤回するのはもちろんダメですが、

最悪なのは、

リスクの中身すら確認せず、

「看護の〇〇さんが反対したから」

という理由で他の介護職に説明することです。




理屈云々以前の問題で、

職場全体が闘争逃避になり、

職員のモチベーションが低下していきますから。




特に、

そのような役割を担うであろう

介護主任やリーダーは、

リスクの中身を丁寧に説明できるようになりましょう。

そうなれば、

部下が納得するだけでなく、

介護職全体の勉強となり成長となりますんで。




☆本日の結論
「リスクを説明する側も勉強が必要なので、看護職やリハ職もレベルアップします。」

昨日の記事でリスクについての

やりとりを紹介しましたが、



この大前提として、

介護職の積極的な姿勢が問われます。




そもそも、

特浴から個浴に移行したい!

という案は介護職の積極性から生まれています。




そういった案に対して、

専門的かつ冷静にそのリスクを検証するのが、

看護職やリハ職の役割になる、

というのが

特に入所施設では一般的なスタイルだと思います。




よって、

肝心の介護職が、

そもそも消極的な思考であれば、

リスクに関する議論すら生まれません。




もちろん、

消極的な介護をすることによるリスクも多々あります。

廃用症候群や認知症の進行等ですが、

実はこれらは「老化」としてうやむやにできてしまうので、

責任問題になりにくく、

事なかれ主義の施設であればあるほど、

このリスクを過小評価します。




逆に、

個浴への移行の他、積極的な離床、経口摂取等の

積極的な介護の場合、

その過程で事故があった際に責任問題になりやすいため、

そのリスクは過大評価されがちです。




まあ、

この構造こそ、

全国の施設において、延々と

「元気を創らない介護」が推進されてしまう原因

になっているわけですが。




で、

何が言いたいかと言うと、

介護職に積極的な介護をしようという姿勢がなければ、

職員全員の勉強も成長も

そしてモチベーションも生まれないですよ。

ということです。




問題中心より機会中心で考えよ!

というドラッガーの言葉も、

まさにこのことを指していると思います。




というわけで、

知識はなくとも、

積極的な姿勢だけは持て!


という言葉を、

ベテランから新人まであらゆる介護職に贈りたい

今日この頃です。




☆本日の結論
「提案する前からビビってどうする!?」

 | BLOG TOP |