プロフィール

三代目元気の子

Author:三代目元気の子
初代、二代目に負けないよう、頑張ります!




最新トラックバック




未来を考える

数日前の夢ですが、




私の知人が皆の前に現われ、

「実は私は、以前事故にあって、

今は首から下は全て人工物なのです。」

といきなり言って、

服を脱いでみせてくれました。




その身体はまだまだ未完成なものらしく、

異様な光景でした。




皆が同情的なムードになっていると、

その人は言いました。




「これ、めっちゃ楽なんよ。

疲れないし、痛くなることもないし、

かゆくなることもないし、もちろん腰痛もないし

お勧めですよ。」

と。




私は目が覚めた後も

なるほどと思い、

私が死ぬまでにそういう時代がくるだろうな

と確信しました。




つまり、

人間が脳以外のパーツを交換して

より高性能になることが可能になる時代です。




ボルトより速く走れる足やジャイアン級の腕力、

さらには、夜行性の目や空を飛べる能力までもが、

数千万円から数億円で購入できるのであれば、

そして、病気の心配をしなくていいのであれば…。




そうなると、

同時に、脳の若さを保つ技術も発展するでしょう。

認知症にならないどころか、

100歳を過ぎても成長し続ける薬とか。




場合によっては、

パーソナリティも書き換えることができるかもしれません。




もし、それらが安価で提供されたら、

介護という概念自体がなくなるでしょうね。




で、




実は、

コレ系のもう一つの可能性として、

私は遺伝子市場の発展も有力視しています。




あの名作映画『ガタカ』のように、

知能や運動能力に優れた人の遺伝子が、

高額で売買される状況です。




この状況が現実味を帯びてくると、

永遠のテーマである

「遺伝か環境か」

という議論も大きく方向性が変わるでしょう。




今は環境の大切さが多く主張されていますが、

それは、既に生まれてしまった者に対して

我々が唯一操作でき投資できるのは

環境だからです。




つまり、

環境(子育て・教育等)のための商品やサービスを売るために

環境優位を唱えるわけです。




遺伝の影響を主張したところで、

何の商売にもならないですからね。




しかし、

遺伝子の売買が可能になると、

やっぱ環境より遺伝やろ!

という方向に一気に行くと思います。




あの環境説はどこに行ったのか…

というくらいに。




おしまい。




☆本日の結論
「これらは現実化してほしくないけど、この流れは止めやろうなぁ。」

凄すぎる施設

この子険しい顔をして、

様子も変だな。




町を歩いている際、

ふとそんな子をみかけました。




その後、

その足で目当ての施設を訪れると、

その建物がすごかったのです。




まるで、

大きな公園にあるアスレチック遊具のような、

いかにも子どもが喜びそうな要塞か基地のような、

ドーム型の施設でした。

怪しいアンテナみたいなものも付いています。




施設の入り口は、

いったんその建物の上に階段で上がり、

マンホールのような蓋を開けて、

そこから内部に上り棒のようなもので

降りていくのです。

まるで映画でよくある宇宙ステーションのような

出入口でした。




内部に入る前に気になる箇所がありました。




じょうろをイメージすれば分かり易いのですが、

建物の本体がじょうろの本体部分だとすれば、

その建物から棒状のようなものが伸びた先に、

人一人が入れるくらいのカプセルがあります。




良く見ると、

それにはレーダーや機銃のようなものがついており、

中はまるでガンダムのコクピットのようです。




その中に、

先ほどみかけた子どもがいて、

ジーと私の方を睨みつけています。

そして、誰かと無線で話をしているようです。




妙だな、いったい何をしているのだろう?

と思っていると、

そこにその施設の管理者が現れました。




聞くと、

その子には、とある障害があり、

行動が危険で大変なのだと。




しかし、

このコクピットの中で、

基地の見張り役を頼むことで、

使命感を持って、

その役割に没頭しているのだと。




いかがです?




画期的なケアだと思いませんか?




その子はそのコクピットの中に

閉じ込められているのではなく、

その中で重要な役割を担い、

他者に貢献しているのです。

(少なくともその子の世界においては)




わざわざ見学に来てよかった。

とんでもないすごい施設があるもんだな。

と思いました。




いつか、

そんな夢のような施設を作りたいと思いました。




☆本日の結論
「まあ、まさに夢で見た話なんですけどね。」

生きる目的

脳科学や心理学、生物学を勉強すればするほど、

人間の生きる目的は、

「生きること(種の存続込みで)」

なんだと確信するようになりました。




幸せになるために生きる!

のではなく、

生きていくためには適度に幸せ感が必要だから

という考えです。




人生は楽しむもの!

ではなく、

生きていくためには適度な楽しみが必要だから

という考えです。




生きていくためには適度なストレスが必要!

ってのも、

ストレスをちゃんと感じて対処する能力がなければ、

生き残れないからです。




対処すべき問題が全くない人生であれば、

ずっと平和ボケしていてもいいのです。




次々とハイリスクな挑戦をする人は、

一見、生きることの確実性が低い様に思えますが、

そのような信念や価値観を持っている人は、

そういう行動をしないと調子が悪くなって、

結局、しっかりと生きれないんです。




だから、

元々そういう信念や価値観を持っていない人が、

無理して挑戦するってのは、

それをしないと経済的に苦しいという理由がない限り、

避けるべきなのです。




無理すると調子が悪くなって、

ちゃんと生きれなくなりますから。




しかも、

それで失敗してさらに追い込まれた日には、

踏まれたり蹴られたりですからね。




☆本日の結論
「酒を飲むのも生きていくために必要だから。」

新年早々、悲観的な話題で恐縮なのですが、

少なくともあと数年から10年は、

介護職の人員不足問題は極めて深刻な形で

推移していくでしょう。




それでも、

太平洋ベルトラインの地域と、

札幌、仙台、熊本あたりは、

なんとか良い人材と巡り合えるチャンスが

あるかと思えますが、




それ以外の地域、

東北、山陰、四国、九州東側あたりは、

新たな人材獲得に関してはもはや打つ手なし

という状況に追い込まれていくと思います。




そうなると必然的に、

福祉業界で仕事をする人は、

能力及び精神の脆弱な若者や

一見利用者かという高齢者の割合が

多くなるでしょう。




その結果、

介護現場の風景は、

かつての姿に逆流することが予想されます。




逆流その1 個浴から機械浴へ

線の細い若者ワーカーや、

ひざや腰に痛みを抱える高齢者ワーカー

にとって、

介護度の高い方の入浴介助は

かなりの負担になります。

ましてや、利用者の側は

かつてより体格が良くなってきてますから。




個浴介助は体力よりも技術が大事

と言いながらも、

やはりある程度の体力は必要です。




したがって、

機械浴から個浴へ

といったいわゆる生活リハビリの流れは、

逆流せざるを得ないでしょう。




まあ、

介護ロボットやAIといった

最新テクノロジーの導入も推進されていますし、

機械浴は意外と利用者にも

歓迎されるかもしれませんね。




同様の理由で、




逆流その2 トイレからオムツへ

現在は、措置時代に比べ

トイレにて排泄する人が

圧倒的に多いと思いますが、

多かれ少なかれ介助時の負荷がある以上、

逆流していくでしょう。




逆流その3 パターン化された日課

かつて施設介護においては、

一斉に食事をして、

特浴の日が決まって、

といった集団ケアが展開されていました。




その後、それらが全面的に非難され

個別ケアの必要性が

強く叫ばれるようになりました。




そして、

個々の利用者の気分や状態に応じたケア、

これを柔軟的にやっていこう、

という方針と実践がGHやユニットケアで

見られるようになりました。




が、



しかし、




それをやり切るには、

個々のスタッフの高い能力が必須なのです。




しかもそのような能力の獲得は、

研修や経験では限界があると思います。

つまり、ポテンシャルが必要です。




よって、

ワーカーの能力の平均値が低くなるわけですら、

彼らでも確実に仕事ができるように、

仕事内容を分かりやすくしなければいけません。




業務の構造化です。




ということで、

残念ながら、

一人一人に応じた柔軟なケアから

工場的なケアへと逆流していきます。




まあ、

スタッフの能力が低いのであれば、

利用者にとってもその方が安心安全ですから。

能力の低い人が自由度の高い環境で介護をすると、

混乱とネグレクトが増すだけですから。




おしまい。




☆本日の結論
「本年もよろしくお願いします。」

前回の記事では、

夢も希望もないことを書いてしまいましたが、

介護業界の未来には、

実は「光」もあるのです。




光その1 テクノロジーの進化

これは色々とありますが、

はっきり言って、

自動排泄機と排泄センサーは、

(個別の商品名はあえて伏せます)

排泄ケアにおけるイノベーションであり、

ケアワーカーの負担とケアの質を

画期的に進化させる代物だと思います。




前回の記事のような職員の能力低下を

補って余りあるアイテムですが、

介護主任などが、その正しい使い方を

構造化してあげる必要があります。




でなければ、

間違った使い方をして余計に非効率になるか、

いつの間にか使っていないか、

の二択になるでしょう。




現状の方法がどんなに非効率的なもの

であったとしても、

現状維持のシステム(ホメオスタシス)の力を

侮ってはいけません。




ましてや、

最新テクノロジーの導入ということ自体が、

多くのケアワーカーの想像を超えているわけですから、

それらは歓迎されるどころか脅威の存在として

認識される確立の方が高そうです。




あと、個人的には、

スマートウォッチの画面で、

居室やリビングの映像を

常時確認できるようになれば

と思っています。




そうすれば、

気になる場所の状況を確認しながら、

個別ケアを進めることが可能です。




ただし、

このためには、

かなり高度なネット環境と、

かなり高度なワーカーの能力が必要となります。




光その2 他業種からの人材の大量流入

早ければ東京オリンピックの後、

遅くても10年後には、

福祉業界における人材難は解決されると

考えています。




この根拠は二つあります。




まず、

東京オリンピック後の不景気です。

くわえて、消費税が予定通り10%になったり、

安部総理が退任したりしたら、

日本経済は闇の中に突入です。




そうなると、

福祉業界に人が還流してくる

というのが世の常です。




もう一つの理由は、

他産業の衰退及び激変です。




これは景気に関係なく起こります。




先日もインターンシップ合説に行ったのですが、

そこに並んでいた地域の名だたる一般企業のうち、

未来の明るい業界はかなり少数に感じました。




今でこそ学生に人気である、

地方デパート、

地方新聞社、

出版会社、

金融機関

等々ですが、

どう考えても終末期に入っています。




また、

金融機関をはじめとする事務系の企業は、

業界そのものは存続していたとしても、

AI化によって、従業員は不要になります。




一方の福祉はというと、

地域にそれなりの人さえいれば、

あと60年後も

ほぼ今の形で需要があります。




福祉は今後の日本において

もっとも「人」を必要とする業界なのです。




ただ、

他産業から人が還流してくると言っても、

そもそも事業者に能力やパワーがなければ、

還流の波に飲みこまれてしまいますので、

その波を、すなわち良い人材を受け止めるだけの力を、

この苦しい状況下においても、

しっかりと育んでおく必要があります。




頑張りましょう!




☆本日の結論
「専門性を高めよう。」

 | BLOG TOP |