プロフィール

元気の子

Author:元気の子
多くの介護関係者が何となく思っていることを、あたかも理論的に言語化するのが好きですが、エビデンスはほとんどないのでご了承ください。

(連絡先)
info@yotsubakai.or.jp




最新トラックバック



カテゴリ


ひそかにお気に入りの映画、

エイリアンVSプレデター




昨日、チャンネルをまわしていると、

やってました。




プレデターの宇宙船の中で、

エイリアンが生まれるという

あのベタなラストも好きなんだなぁ。




生まれてくるタイミングが絶妙で。




今回も途中から観始めて、

(最初から観たことない)

そのラストまで観て、

よしよしと思って、

チャンネルを変えようとすると、

なんと、そこからそのまんま続編があるではないか!




エイリアンVSプレデターの続編が存在することは知っていたが、

まさかそれを連続で見ることが出来るとは、

しかもTVで(まあDVDなんてぜってー借りんけどね)

正月早々縁起が良いぜ、

と思って続きを観たのだが…。




続編は、




宇宙船の中で、

エイリアンとプレデターが戦い、

そのまんまプレデターの惑星にまでなだれ込んで、




と期待していたのだが、




宇宙船は爆破し、

再び地球に墜落して…。




おいおい、

ここにきてまた超弱い人間を絡めるか?




そんな夢も希望もない展開は

勘弁してくれよ。




と思っていたら、

案の上、

人間は逃げ回って殺されるだけの立ち位置。




最悪だ。




単に制作費を安くするために、

地球を舞台にしただけだ。

(プレデターの惑星を舞台にすると

CGコストがハンパない。)




その証拠に安い俳優ばかりだ。

あっさり殺されても問題ない俳優ばかりだ。




しかも、

戦いにこぎつけて、

街全体を停電させるというエコ戦略も織り交ぜてくるし。

(画面が暗くなるとバレないからSF映画は安く作れる)




視聴者には見難いだけ。




さらには、

ただでさえエイリアンとプレデターは見分けるのが困難なのに、

今回の敵はプレデターのようなエイリアンという設定。




なので彼らのバトルは、

同じカラーの防具を身につけた者同士の

剣道の試合くらい分かりにくい。




一番納得がいかないのは、

エイリアンもプレデターもしゃべらないので、

ストーリーの意味すら分からないこと。




本来は、

そこをフォローするために、

人間を登場させ、

彼らにストーリテラーの役割を担わせるのだが、




今回登場した人間達は、

まるで状況が理解できておらず、

単に逃げ回っているだけなので、

余計に分かりにくくしているだけ。




製作者の意図が全く見えてこない。




とどめの失望は、

エイリアンに腹を刺されて重症を負った

青年が生き延びて、やれやれ…

の瞬間、お約束のアレがあってENDとお思いきや、

それすらない。




マジか?




TV版のみ、そこをカットしているだけかのか?

DVD借りて確認してみよう…

いや、それだけはダメだ。

あんなの借りたらツタヤの店員のバカにされる。

だったらゲオで借りようか?

いや、そういう問題ではない。




もしDVD版もあのラストなら、

裏切るにもほどがある。




・夢も希望もない設定

・ストーリが分かりにくい

・役者がC級

・画面が暗くて分かりにくい

・ラストはすかされる




どんな映画やねん!




正月早々、縁起悪いわ!




責任者出て来い!




☆本日の結論
「シュワ様の偉大さがよく分かりました。」

 | BLOG TOP |