プロフィール

元気の子

Author:元気の子
多くの介護関係者が何となく思っていることを、あたかも理論的に言語化するのが好きですが、エビデンスはほとんどないのでご了承ください。

(連絡先)
info@yotsubakai.or.jp




最新トラックバック



カテゴリ


リクエストにお応えして、

今日はお勧めワイン紹介です。




尚、紹介するのは赤ワインオンリーです。

でもって、しっかり目(フルボディー)です。

つまり、オヤジ系です。




まずは、

なんと言っても、

『シャトー・ピュイグロー2007』

1980円




この楽天のプレゼンページでも、

どえらいことになっていますが、

これは本当にお買い得品です。




地元のワイン屋のガンコ親父も

小躍りしながら勧めてきました。




「この価格でこの味はあり得ない。

絶対お勧めだから飲んでみて。」




「円高になる前は3千円クラスの物だったからね。」




「しっかり目なんだけど、とにかくエレガント。」




もはや「断る」という選択肢は、そこにはありませんでした。




ってことで、

早速、買って飲んでみました。




「う~ん、エレガント」(単純)




私が普段飲むような、

イタリア系旨み凝縮ボンバータイプではなく、

フワッと心地よく酔う感じで、

束の間の貴族気分が味わえました。




とっても、おフランスな感じざーました。




このような優雅さは2千円前後の価格では、

到底無理なこと間違いなしです。




しっかり味のついた料理(牛肉やパスタ)のお供に是非。




買うなら今しかナッキャブル!








次にお勧めするのは、

『ベリンジャー ファウンダース・エステート ピノ・ノワール』

1850円(近所の酒屋価格)




タイトルが長すぎて文字を大きく出来ません。




要するに、

ベリンジャーという会社が、

ピノ・ノワールという葡萄で作った、

ファウンダース・エステートなワインということです。




このワインの特徴は、

料理の守備範囲がイチロー並に、

いやロッテの岡田並に広くて、

かつ超美味いという点です。




魚の刺身以外なら、

どんな料理にも合います!




通常、

価格の安いワインは、

料理の守備範囲が広い=薄い味

という印象になりがちなんですけど、

このワインは飲み応えもしっかりです。




もちろん変な癖も全くなく、

スイスイ、ゴクゴク飲めてしまいます。




こういうタイプのワインを求め続けて、

連戦連敗の私が、

やっと見つけた宝物ワインです。




ビール感覚で飲むも良し、

肉やチーズのお供に良し、

なんでもOKの、

初心者からベテランまで、

大満足の一本です。




アメリカ産なので円高・ドル安の今が狙い目です。








次は、

『ファルネーゼ モンテプルチアーノ・ダブルッツオ』

1150円(近所の酒屋価格…ネットの方が安いんでやんの)




これは、

円高とか関係なしに、

コストパフォーマンス最強ワインです。




特に私のような、

超しっかり目でありながら、

渋みなし、酸味控え目のまろやか系、

且つ、果実味ボンバー、ガッツリ酔える派

にはたまらない一品です。




普通こういうワインは高いのです。




安いワインでしっかり目だと、

どうしても渋みやらなんらやで

トゲトゲしい味になってしまいます。




なので、

これ系で千円やそこらで、

このバランスの良さというのは、

ありえへんのんです。




「6千円のワインです。」

と言われても違和感ないですから。




お買い得感、

カメハメ波級です。




こってり系料理と一緒に飲むか、

チーズやチョコをつまみに飲むのがお勧めです。




ちなみに、

これは私が今年一番たくさん飲んでいるワインです。




このファルネーゼという会社のワインは、

けっこう色んな店で扱っているので、

多分、皆さんの地元でも簡単に入手できると思います。




で、




このファルネーゼという会社なんですけど、

ヤバイんです。




どのワインも、

超美味いくせに、

アホくらい安いのです。




中でも最高峰が、

『エディッツィオーネ』

4200円(近所の酒屋価格)※円高でどんどん安くなっています。




これ、



























めっちゃ美味いですから。












確かに庶民にとって4千円は高い。

高すぎるかもしれない。




でも、

4千円というレベルを遥かに超えて、

































くそ美味い!












最強のバランス、

最強の果実味、

最強の飲み応え、




確かに4千円は高いが、

野球選手に例えると、

年棒4千万円の選手が、

ダルビッシュ級の活躍をしたと思っていただければ、

その価値が分かるでしょう。




赤ワインファンなら、

死ぬまでに一度は飲まないと絶対に後悔するでしょう。




いや、飲んだことない人は後悔しようがないか…。




…。








赤ワインファンで

これを飲まない奴は

バ~カなのだ!













最初飲んだときは、

世界中のワインの旨みが全て凝縮されているのかと思いました。




こってり系の料理orチーズやチョコと共に是非。




思い出した…

このワイン、

久留米のM氏にプレゼントすると言ったままだった…。

もうこうなったら、

自力で買ってください!




☆本日の結論
「つまみのチョコは、意外とマーブルチョコが最高だったりする。」
先日、

とある方からお肉を頂きました。

但馬牛です。




届いた翌日に、

きちんと調理して食べるつもりが、




その日、

かなり酔っ払ってしまい、

冷蔵庫をあさって、

その肉を適当につまんで、

フライパンで適当に焼いて、

そのへんにあったぽん酢で、

適当に食べてしまいました。




美味しかったです。




むしろ、

翌日にきちんと焼いて

きちんとしたソースで食べた時よりも

美味しかったです。




とにもかくにも、

ありがとうございました!




さて、

皆さんも、

もし、

この週末に、

美味しいお肉を食べる機会があれば、




こんなワインを飲みながら、




スパイダーマン





こんな映画をご覧になってはいかがでしょう?




ゴーストライター








ワインは、

『アリアーニコ・デル・ヴルトゥーレ・リゼルヴァ』

というものです。




アリアーニコという葡萄を使った、

デル・ヴルトゥーレという名の

リゼルヴァ級に美味いワインという意味です。




ワイン屋のおっさんは、

蜘蛛が糸を垂らしたラベルから、

「スパイダーマン」と呼んでいます。




とっても美味いワインです。




しっかりしているのに(フルボディー)、

とても綺麗な味で、

誰が飲んでも昇天間違いナシです。




開けてすぐ飲んでも、

美味しいのですが、




30分後くらいから、

酸味が丸くなって、

さらに美味しくなります。




値段はちょっと高め(2500~3000)ですが、

感動&満足保障付きです!

★★★★★




で、




映画『ゴーストライター』ですが、




面白いです。




面白かった理由

・私が好きなユアン・マクレガーが主演。

・音楽と映像のクオリティーが異常に高い。

・演出がナチュラル且つメリハリが利いている。

・3回寝てしまったけど、それでも最後まで観たいと思った。




基本はサスペンスなのですが、

とっても味わい深い大人の映画です。




なかなか、

こういう映画がないんだよなぁ~。




ツタヤではまだ新作料金ですが、

7泊8日で借りれます。

★★★★☆




介護保険改定で

なにかと慌しい最中ですが、




美味しい肉と、

美味しいワインと、

面白い映画で、

癒されてみてはいかがでしょう?




という話でした。




☆本日の結論
「ここで勧めた映画、観てる人いるんかなぁ?」

緊急速報!

今年一番の、

最高のワインを発見しました。




『ヴィーニャ サンタ・マリーナ エクウス 2008』




ヴィーニャ サンタ・マリーナ エクウス 2008




スペインのワインです。




しっかりしていて、

果実味豊富。

酸味も渋みもしっかりあるけど、

バランスが良いから際立たず。

重厚感があるけど、

グイグイ飲めます。




そして、

何がすごいかって、

こんなスペシャルなワインが、

なんと1100円で買えてしまいました。




3000円だって言われても、

「スゲー」って唸るレベルですよ。




上記リンクのサイトなんて、

990円ですよ。




ありえへん!






土日働けて夜勤も出来て

レクが得意な介護大好き看護師が

時給850円で働いてくれるらしい


というくらいありえへんのです!




なんでこんなことになっているかと言うと、




ワイン屋のおっさんいわく、

元々1800円の物が

円高で1400円になり、

さらに今は業者が安くしてくれているとのこと。




で、




2007年以前の物は、

そんなに美味しくなかったらしいのですが、

この2008年は異常に出来が良い

とのこと。




まさに、

今飲む者だけが許される、

スーパーコストパフォーマンスワインです!




近所の酒屋にあったら箱買いすることをお勧めします。




てか、ネットで大量買いしちゃいましょう。




☆本日の結論
「このブログの読者でワインに興味のある方が何人いるのかなんて、考えたこともないですが…。」


カンファレンスで

よく偏食の入居者の話題になります。




「あの人は野菜を食べない。」

「あの人は麺類ばかり食べる。」




という感じで問題視されています。




なぜ問題視されるかというと、

そこのとによって問題が発生しているからです。




・便秘

・高血糖

・脱水

・体重増加

・体重減少

・タンパク質不足





逆に言えば、

このような問題がないのであれば、

どんな偏食でもOKだと思います。




なぜなら私もかなりの偏食だからです。




私の場合、

好き嫌いと言うよりも、

気に入った物を食べ続ける習性が原因です。




また自力で調理できる物が非常に限られている

という事情もあります。




ちなみに、

今年の夏はトマトばっかり食べています。

※切るだけ。




ただそれだけだと栄養が心配なので、

ブロッコリーもよく食べています。

※切って容器に入れてレンジするだけ。




レタスも良く食べます。

※ちぎって洗うだけ。




時々、レタスと一緒に生ハムも食べます。

これはかなり好きな組み合わせです。

※生ハムは容器から出すだけ。




もっと肉が欲しい時は、豚バラを焼きます。

豚バラをサラダ菜に包んで食べたり、

モヤシと一緒に炒めて焼肉のタレをぶっかけたりしています。

※フライパンで炒めるだけ。




一週間のうち、

4~5日はこのパターンの夕食です。




もうお分かりかと思いますが、

この料理は、もろにワイン向けです。




というわけで、

この夏のスーパーお勧めワイン↓


オルトネーゼ




『オルトネーゼ サンジョヴェーゼ メルロー ダウニア』




夏のワインと言えば、サンジョベーゼ(←葡萄品種)。

トマトとの相性は最強です。




で、




このワイン、

こんな値段のくせにかなり美味いのです。




値段が値段だけに、

奥深さや芳醇さみたいなのはないのですが、




夏のワインのそんなの必要ナッシブル。




スイスイゴクゴクと気分良く飲めれば良いのです。




そういう意味では、

サンジョベーゼの程よい酸味と

ネルローの旨みがバランスよくマッチしていて

変なクセが全く無いこのワインは超お勧めです。




倉敷のワイン屋で1200円で買って

「これ美味いなぁ」と思い、ネットで調べたら、

まさかの648円。




即買いでした。




一日半分づつ飲むとして、

500mlのビール一本と同程度のコストです。




ありがとう円高。








しかし、




先日、

こんな気軽なワインですら

開けるのを躊躇してしまった私は、




手っ取り早く、

焼酎の水割りを飲みましたとさ。




で、




そのつまみが、

きゅうりと梅干。

※切るだけ&蓋を外すだけ。




この夏い組み合わせが最高でして、

これからしばらくは、

このパターンをリピートしそうです。




とまあ、

そんな食生活の私ですから、

健康面に明らかな問題がない限り

偏食の入居者のことをとやかく言う資格はないのです。




以上、久々のお勧めワインの記事でした。




☆本日の結論
「このワイン2千円でもありだと思う。というくらい美味い。」

今日は、

安旨ワイン好き以外の方は、

読む必要ナッシブル!


















さて、



2000円未満の部

最強のワインを発見しましたよ!




ヴィーニャ サンタ マリーナ

トレマイヨール テンプラニーリョ クリアンサ 2008


ヴィーニャ サンタ マリーナ トレマイヨール テンプラニーリョ クリアンサ 2008




ヴィーニャ サンタ マリーナという作り手によるもので、

2008年に収穫された

テンプラニーニョという葡萄品種を使ったワインです。

ちなみに、クリアンサとは、

そこそこ熟成させているものですよ、

というスペインの格付けです。

トレマイヨールの意味は良く分かりません。




でも、

この商品名を全て暗記してでも買う価値があります。




1500円前後の値段ですが、

最低でも3500円以上の味です。




おそらく20000円と言っても納得するでしょう。




スペインなのにエレガント風味で、

ガツンとくるくせに、

適度に甘みもあり、

その他もろもろの要素あり。(我輩では分析できず)




「これ、うんめぇ!」

と言いながら、

気が付いたら一本飲んでしまう可能性大のワインです。




先日、

倉敷のワイン屋で、

これを特価で売っていたので、




日頃お世話になっている人にあげようと、

思い切ってまとめ買いしましたが、




まだ誰にもあげていません。




今後も誰にもあげません。




あらためて飲むと旨すぎて

気が変わりました。




是非、自力で買って飲んでください。




以上、

マニア学科読者の中でも、さらにマニアな

安旨ワインファンのための記事でした。




☆本日の結論
「でも、やっぱ1000円を超える物だと、栓を抜く瞬間、イップスになります。」

もし、

昨日の記事の答えが気になるマニアックな方がいらしゃれば、

メール等でお問い合わせください。

例によって、

最終的には電話にて口頭での説明になると思いますが。




さて、

先日のことですが、

実家で食事をする機会がありました。




牛シャブです。




私、

夏場に時々焼肉屋に行くことがある程度で、




それ以外は、

ガチで牛を食べることは滅多になく、

気合が入りました。

(お、お金がないわけじゃないんだよ…

胃腸に配慮してるだけですから)




貰い物の肉なので、

かなり仕上がっています。




せっかくの機会なので、

それに合うワインを買いに行きました。




実家の冷蔵庫に

白のスパークリングワインを発見していたので、

その次に飲む赤を求めて。




しかし、

牛は牛でも、

しゃぶしゃぶであり、

ぽん酢味ですから、




赤は厳しいだろうなぁ

と思っていました。




せいぜいピノ・ノワールかな

と予想していました。




でも、

ピノは高いくせに当たりハズレが激しくて

我輩はあまり得意ではないのです。

基本、ケチぃですから。




ワイン屋のオヤジに相談すると、




「普通は泡か白に逃げるんだよ。」

とこのこと。




やはり。




「ゴマダレなら?」

と聞くと、




「ゴマダレはこれまた難しいんだよ。」

とのこと。




「それでもどうにかこうにか赤で攻めるなら?」

と食い下がると、




これ↓が登場しました。




マルケージ・インチーザ・グリニョリーノ・ダスティ2010

マルケージ・インチーザ・グリニョリーノ・ダスティ2010




「これ、色だけ見たら、ほとんどロゼだよ。」

「でも、色は薄いくせに味はしっかりしてるんだよ。」

「多分、いけると思う。」




などと言いながら、

グリニョリーノという聞いたこともない葡萄品種のワインを

奥の方の棚からダスティきたのです。




もし、今回のコラボが成功すれば、

今後和食との組み合わせで大きな武器になる。




そう目論んで、購入。




結果は…




大成功。




軽やかでありながら、

単体でも飲めるほど味はしっかりとしている。




なので、

ぽん酢をさらりとかわしつつ

時に牛の強さもしっかりと受け止める。




まるでマタドールのような一品でした。




日頃赤が合わせにくい

魚やハムなんかでもいけそうです。




是非ご賞味ください。




☆本日の結論
「合わせて一本!」

とある方の強い勧めで、

最近はマネジメントの記事ばかりでしたので、




うっぷん晴らしに、

ワイン&DVD記事だ、コノヤロー!




まずは、お勧めワイン3連発です。




今日、お勧めするのは、

「いつかビッグイベントがあれば

一本はこれらをからめたい…」




あるいは、




ワイン好きの人を高確率で満足させるための必殺技

としての、

とっておきの3本です。




値段はそこそこするのですが、

安定感が抜群で、

決して期待を裏切らないのが良いです。




大枚はたいて、期待はずれだったときは

一気にテンションが下がりますからね。




まずはコレ。

ドン・カミッロ



『ドン・カミッロ』




このブログでもおなじみ、

泣く子も黙るファルネーゼ社のワインです。

ドン・カミッロとは社長の名前らしいです。




はっきり言って、

今、世界で一番売れているのではないかと噂の

あの有名なカサーレ・ヴェッキオ(同じくファルネーゼ社)よりも

確実に美味いです。




しかも、カサーレ・ヴェッキオよりも安く、

近所の酒屋でも1800円未満で買えます。




サンジョベーゼに対するカベルネの絡み方が絶妙で、

まさにドン!とくる美味さです。




開栓後すぐでもOKですが、

30分~1時間後がお勧めです。








次はコレ。

ブローリオ



『ブローリオ キャンティ クラシコ 2010 バローネ リカーゾリ』




通称『ブローリオ』

年は何でもいいです。




ネットだと2200~2300円

近所の酒屋だと2500円くらいです。




少々お高いですが、

2000円代にしては異常に美味いです。

とっつきやすくて分かりやすいのに奥深いのです。




最初に飲んだ人は必ず、

「何これ?美味!えっ!?マジで2000円代?」

と言います。

老若男女問わず、

一言一句この通りに言います。




サンジョベーゼ好きなら

くそ間違いないです。




開栓後すぐでもかなり美味いですが、

30分~1時間後がお勧めです。








最後はコレ。

ジャン・レオン カベルネ




『ジャン・レオン カベルネ・ソーヴィニヨン レゼルヴァ』




スペインなのにカベルネ・ソーヴィニヨンという珍しい一品です。




このジャン・レオンというおっさんが、

かなりの有名人らしく、エピソードも豊富です。




ワイン屋のおっさんに散々ウンチクられました。




興味がある方はググッてみてください。




私、

カベルネ・ソーヴィニヨン

のとっつきにくさがイマイチ苦手で、

余り好んで飲みません。




(相性が良いとされる)ビーフステーキなんて

食べる機会もないし。




ところが、

このワインは、

カベルネの固さにスペインの気楽さがあいまって、




おい、おい、おい、おい

という感じでした。

(どんなプレゼンやねん…)




近所の酒屋で3000円と、

値段はかなりしますが、




ここ一番の場面&牛ステーキならば、

死ぬまでに一度は試してみてください。




ああ、今日にでも飲みたいわぁ。

誰か買ってくれえ。




年は古い方が良いかもです。

てか、今でも2005年を普通に売っています。




開栓直後からヤバウマです。




で、




そんな激ウマワインたちに引けを取らないDVDがコチラ。

ミッドナイトインパリ




『ミッドナイト・イン・パリ』




昔からウッディ・アレンとは

相性が悪く、

あの有名な『アニー・ホール』でさえ、

一周目のスタンド前で競争中止になりました。




いや、

これは面白かったですよ。




序盤なんか

どうってことない話なんですが、




グイグイみれちゃうんですよね。




脚本と演出と映像と音楽のバランスが良いのでしょう。




そこさえ乗り切れば、

後は間違いなく最後まで楽しめます。




但し、

手元にはPCかスマホが必須アイテムですよ。

絶対ググリまくりですから。

あれほど一旦停止と巻き戻しを行った映画は初めてです。




まあ、




とくにかく、




ワインと合う映画なんです。





新作でも迷わずレンタルです!




☆本日の結論
「最近はDVD観る時間があったら寝てるんですけどね。」

 | BLOG TOP |