プロフィール

元気の子

Author:元気の子
多くの介護関係者が何となく思っていることを、あたかも理論的に言語化するのが好きですが、エビデンスはほとんどないのでご了承ください。

(連絡先)
info@yotsubakai.or.jp




最新トラックバック



カテゴリ


最近は吸収力の高いオムツがありますよね。

例えばテーナ




これって、

夜間オムツ交換の為に眠ることが出来ず、

疲労とストレスで限界が…。


という家族介護者には超お勧めアイテムですが、

プロは使っちゃダメですよ。




排泄ケアに苦戦している介護士の中には、

「早くテーナを使いてーな。」

なんて思っている人もいるかも知れませんが、

ダメです。




テーナ使用派の意見として多いのが、

夜間のみの使用ならアリだと思います!

という主張です。




日中は、

自然排便を促す意味でも、

活動量を増やす意味でも、

さらにはオムツ外しという目的のもと、

「高性能オムツは必要ない。」

と言う人でも、




夜間に関しては、

オムツ交換のたびに入居者を起こしてしまっては

安眠が妨げられるから、


高性能のオムツをつけて…」

というスタンスになりがちです。




一見正論ですが、

ダメです。




しかもその提案の裏には、

オムツ交換の回数を減らして夜勤者の仕事を楽にしたい

という願望が見え隠れします。




そのことによって

本当に入居者が熟睡できるのであれば、

それでいいのですが、

実際はそうではなかったりします。




夜間失禁してしまう方は、

どこかで一度起きて、

しっかりとおしっこを出してもらった方が

熟睡出来る可能性が高いです。





いくら尿意が怪しい人でも、

寝ながら豪快におしっこをするという行為は、

潜在意識でかなり葛藤しているはずです。




その葛藤が睡眠を浅くします。




しかもテーナと言えど、

朝まで交換しなければ、

表面サラサラというわけにはいきません。

特に冬は濡れて冷たくなります。

「朝から冷てーな。」




ついでに、

おしっこをいっぱい吸収したオムツは

「やけに重てーな。」




毎朝のこの状態は身体にとってかなりマイナスですね。




というわけで、

入居者が温かい状態で熟睡し、

さわやかな朝を迎えるためには

テーナに頼ってはダメなのです。




着けるにしても普通のオムツで十分です。




てか、

そんなこんなで気が付いたら、

夜間のオムツも不要ということになります。




まあ、

テーナは高額なので、

「買ってーな!」

と言っても

却下している施設の方が多いんですけどね。




☆本日の結論
「どんどんオムツを外してーな。」

ジャーン!




予定図




これは増築後(7月予定)の元気の家の完成予定図です。

手前の建物が既にある本館で、

奥の緑の屋根の部分が新館になります。




で、

今、悩んでいます。




この新館の屋根の色…




確かにこの絵の通りの緑青は悪くないのだが…

れんが色でも良いような気がするし…

明るくするなら銀黒もいいかも。

てか開き直ってにするか!?

いやいやという選択肢もあるぞ。




皆さんはどう思われますか?




この中でお勧めの色とその根拠を教えて下さい。




見事採用された方には、

私のドコモダケをプレゼントいたします。

しかも未使用品です。

ドコモダケ




振るってご応募ください!




☆本日の結論
「ちなみに屋根にアンパンマンの絵を描くというのは無理ですから。」

「人間はね、チャレンジしている時は謙虚なんだよ。」

「でも、一旦権利を獲得すると変な欲が出てくるんだよ。」

「その欲が人生を狂わせるんだよ。」

「だから、成功したいなら常にチャレンジし続けることだよ。」





数日前、こんな言葉が脳裏を横切りました。




確かにそうですよね。




例えば国家




以前の体制に対して革命を起こそうとしているときは、

世のため人のために自己犠牲の精神たっぷりで

それこそ命がけで頑張ります。




でも、いざ革命に成功すると、

今度は途端に身内の派閥争いが起こりますよね。




例えば商売




かつての駅前商店街なんかは、

勝手に客が来るもんだからあぐらをかいてましてよね。

料金も完全にボッタクッていましたよね。




それにNO!と言って革命を起こしたのが、

ダイエーやセブンイレブンやイオンなんかの

新手の流通業者ですよね。




創意工夫をし続けて、

安くていい物を売り続けた結果、

商店街をやっつけちゃいました。




でも、今頃は、

街の商店街も必死になって盛り返していますよね。

なりふり構わず朝市とかやってますよね。

ずっとその謙虚さがあれば、

負けてなかったのにね。





例えば恋愛




男も女も愛を勝ち取るまでは謙虚ですよね。

超謙虚です。




でも、いったん愛を手に入れたら…

♪いわばエゴとエゴのシーソーゲーム

ですよね。




例えば就職




誰しも内定をもらうまでは謙虚ですよね。

でも…(以下同文)




例えば介護




介護を変えたい!

業界を変えたい!


という熱き志を持って仕事をしている時って

ある意味、すごく謙虚に仕事に向き合っていますよね。




でも、

ある程度の目標を達成したら…

ある程度の待遇を手に入れたら…




今のあなたって、

かつてあなたが批判していた人達とあまり変わりませんよ


ってことになるんですよね。




なので、

どうせなら、あり得ないような目標を立てて

常にチャレンジャーでい続けたいですね。

例えば、レジェンド爺さんのような施設を目指すとか。




☆本日の結論
「最近、介護を変えるぞ!って言葉を聞かなくなったなぁ。」

 | BLOG TOP |