プロフィール

元気の子

Author:元気の子
多くの介護関係者が何となく思っていることを、あたかも理論的に言語化するのが好きですが、エビデンスはほとんどないのでご了承ください。

(連絡先)
info@yotsubakai.or.jp




最新トラックバック



カテゴリ


先日、

当方のデイサービスセンターのスタッフと

ミーティングをしました。




そのデイは、

昔からある所謂「普通のデイ」です。




そのデイは、

近隣地域の方々を中心に、

色々な状態の方が利用されており、

一人一人の利用者のニーズに応える形で

サービスをしています。

利用者数は一日30名~35名くらいです。




どこからどう見ても、

見事なまでに「普通のデイ」です。




良く言えばオールラウンドなデイ。

悪く言えば特徴のないデイ。




法人全体としては、

「元気を創る」

という理念があるものの、




具体的に、

どのような利用者に対して、

どのようなサービスをすることによって、

元気を創るのかといった部分が

非常に分かりにくくなっております。




今の時代、

これでは厳しいですね。




厳し過ぎます。




てか、

利用者やケアマネにとって不親切です。




なので、

分かりやすい特徴を打ち出す必要があります。




但し、

既に利用されている方が大勢いるので、




急に、

「リハビリ特化型デイにする!」とか

「認知症専門デイにする!」と言っても、

非現実的ですよね。




これは利用者にとって迷惑なだけですね。




なので、




対象利用者やサービス内容を大幅に変更をすることなく、

且つ「元気を創る」という理念の元、

分かりやすく意味のある特徴を打ち出す必要があるのです。





この難題はどうや!




必死で考えました。




色々な意見が出ました。




で、




結局、




ナイスな特徴が生まれました!




かなりナイスです。




多くの方のニーズにマッチしているし、

仮にマッチしていない人にとっても

迷惑な特徴ではないのです。




これは是非、

今年中には発動させたいですね。




え?




その特徴は何だって?




それは…




完全に成功したら報告します。




☆本日の結論
「これはもしかしたら全国的なムーブメントになるかも…。」

 | BLOG TOP |