プロフィール

元気の子

Author:元気の子
多くの介護関係者が何となく思っていることを、あたかも理論的に言語化するのが好きですが、エビデンスはほとんどないのでご了承ください。

(連絡先)
info@yotsubakai.or.jp




最新トラックバック



カテゴリ


カンファレンスで大事なのは、

「誰がリスクを取れるか?」

だと考えます。

最近特に。




なぜなら、

成果を上げるための結論に到着するまでには、

必ずといっていいほど議論が必要だからです。




成果を上げるためには、

誰かが批判されたり、誰かの仕事が増えたり

という何らかの負荷や、

あるいは失敗のリスクがあるはずですから。




しかし、




以前のブログにも書きましたが、

多くの日本人、特に福祉分野の職員は、

議論を避けて、調和を保とうとする傾向にあります。




よって、

成果の設定が、

利用者のために、施設のために、ではなく、

職員間の調和の維持になってしまうのです。




この無責任な状況を、

ドラッガーは「真摯さのなさ」と言い、

ビオンは「つがい文化」と言っています。




結局、皆、

「自分を守ること」

の意識が大きすぎるわけですね。




本来の成果に対して、

勇気をもって正しい発言をすること、

その際、他の職員との軋轢も恐れないこと、

そして、結果に対しても責任を負うこと、

こういう人がいないと

意味のあるカンファレンスにはならないのです。




意味のないカンファレンスとは、

自分たちはやるべきことはやったよね?

何かあっても誰の責任でもないよね?

といったことを共有する、

言わば成果に対する共犯のためのカンファレンスです。




いくら知性・知識や経験が豊富な職員が集まっても、

これじゃあ、いかんのです。




知識や経験がなくとも、

成果のためにリスクを取れる人こそが、

リーダーとなるべきですね。




おしまい。




☆本日の結論
「依存文化のリーダーは、無意識的に参加者からリスクを背負わされているとも言える。だからしんどい。」

既にセミリタイア状態であったこのブログですが、

近日中に完全リタイアします。




理由は、

現在の福祉業界を取り巻く状況に対して、

このブログの内容が

私にとって余りにもハイリスクだからです。




そこのところは、

皆様にも大いにご理解いただけると思います。




よって、

全消去します。




気になる記事があれば、

今のうちにコピペして、

あなたのアーカイブにどうぞ。




☆本日の結論
「ネタもないんじゃもん。」

 | BLOG TOP |