施設を見学して、

しっくりくる施設と、そうでない施設とがあります。




個々のスタッフの能力や

活動内容にもよるのでしょうが、

もっと根本・本質的な面での違いを感じます。




それは、

組織として明確な目標を持っているかどうか

だと思います。




仮に現状が未熟であったとしても、

目標を持ってやっている所は、

見ていて納得できる部分があります。




目標がなければ、

様々な活動があったとしても、

炭酸の抜けたビールのようです。




おしまい。




☆本日の結論
「施設改革でまず必要なのは目標を掲げる人。」

凄すぎる施設

この子険しい顔をして、

様子も変だな。




町を歩いている際、

ふとそんな子をみかけました。




その後、

その足で目当ての施設を訪れると、

その建物がすごかったのです。




まるで、

大きな公園にあるアスレチック遊具のような、

いかにも子どもが喜びそうな要塞か基地のような、

ドーム型の施設でした。

怪しいアンテナみたいなものも付いています。




施設の入り口は、

いったんその建物の上に階段で上がり、

マンホールのような蓋を開けて、

そこから内部に上り棒のようなもので

降りていくのです。

まるで映画でよくある宇宙ステーションのような

出入口でした。




内部に入る前に気になる箇所がありました。




じょうろをイメージすれば分かり易いのですが、

建物の本体がじょうろの本体部分だとすれば、

その建物から棒状のようなものが伸びた先に、

人一人が入れるくらいのカプセルがあります。




良く見ると、

それにはレーダーや機銃のようなものがついており、

中はまるでガンダムのコクピットのようです。




その中に、

先ほどみかけた子どもがいて、

ジーと私の方を睨みつけています。

そして、誰かと無線で話をしているようです。




妙だな、いったい何をしているのだろう?

と思っていると、

そこにその施設の管理者が現れました。




聞くと、

その子には、とある障害があり、

行動が危険で大変なのだと。




しかし、

このコクピットの中で、

基地の見張り役を頼むことで、

使命感を持って、

その役割に没頭しているのだと。




いかがです?




画期的なケアだと思いませんか?




その子はそのコクピットの中に

閉じ込められているのではなく、

その中で重要な役割を担い、

他者に貢献しているのです。

(少なくともその子の世界においては)




わざわざ見学に来てよかった。

とんでもないすごい施設があるもんだな。

と思いました。




いつか、

そんな夢のような施設を作りたいと思いました。




☆本日の結論
「まあ、まさに夢で見た話なんですけどね。」

先日、

私たちが地域に対して何ができるのか?

というお題でブレインストーミングをしました。




出来るだけ

金がかかり、人手が必要で、リスクも高い

そんな非現実的な案をお願いします。




ということで色々と考えてみました。




ついでに私も案を発表したのですが、

その内容は、




全国の高齢者施設及び障害者施設に

子どもが遊びに来たら、

無条件でお菓子をあげること

というものです。




その名は、

毎日ハロウィーンプロジェクト

です。




子どもが出入りすることで施設が活性化するし、

子どもたちが施設を認識し愛着を持つことで、

将来の仕事として考えるきっかけになるかもしれないし、

余りに頻繁にお菓子をもらいに来る子どもがいたら

家庭環境に問題があるかも?という気付きも…

等と期待される効果もあります。




さて、




その時は、

ブレストで適当に言ったのですが、

考えれば考えるほど良いアイデアだな

と自画自賛するうちに、

とある現実的な企画にいたりました。




早速、来月実行します。




☆本日の結論
「ピンと来た人いますよね。」

 | BLOG TOP |