プロフィール

三代目元気の子

Author:三代目元気の子
初代、二代目に負けないよう、頑張ります!




最新トラックバック




一般的には、

福祉の仕事はクリエイティブであり、

やりたいこと(want to)ができる

というイメージがあるかもしれませんが、

実は、やらなければいけないこと(have to)が

多いんですよね。




・事故を起こさないようにしないと

・敬語を乱さないようにしないと

・苦情が発生しないようにしないと

・記録を書かないと

・早くトイレ誘導しないと

・〇人風呂に入れないと




てか、

have toばかりですね。




しかも、

元々挑戦心旺盛な人がやってくる業界ではないので、

have toでがんじがらめになり易い人が多いのです。




have toの仕事は基本面白くないし、

通常、最低限のことしかしようとしません。

したがって、

「やらなくてもいいよ」と言われたら

すぐやらなくなります。

何より、能力が発揮できません。

ただし、やることが構造化されているので、

認知的に楽な側面はあります。




一方、want toの仕事は、

本人が夢中になって取り組むことで、

「やらなくてもいいよ」と言われても

やる仕事です。

「金なんかいらないからやらせろ」

くらいの勢いです。

ただ、その多くがクリエイティブな内容になるので、

曖昧さに耐えられない人には難しい側面もあります。




ということで、

want toに欠けるスタッフが多い福祉の仕事においては、

それを意図的に見出して、

仕事の面白さに気付かせ活力を生み出すような

マネジメントが求められます。




これはマネジャーの側が

かなり意識しておかないと

できないと思います。




でなければ、

個人面談でも、

have toの話題ばかりとなり、

非常に窮屈な雰囲気になりがちです。




かと言って、

want toを引き出す面談というのは、

容易にできるものではないですね。

「やりたいことあるの?」

と聞かれてすんなりと答えられるような人は、

その前からアピールしているでしょう。




「そんなこと考えたこともなかった」

ってな人がほとんどだと思います。




そもそも、

マネジャー自体が、

wanto toを持っていなかったりしますからね。




そんなマネジャーが、

部下のwant toを引き出すこと

なんてできるわけがないのです。




☆本日の結論
「日本人はhave toが好きかも。」

最近、

例の業務改善に直接携わったスタッフから、

やたらと「成長」を感じています。




今まで、

膨大な時間を費やして

様々な研修や勉強会をやってきましたが、

あっという間にそれらを上回るくらいの

成長スピードです。




なぜだろう?

と思いましたが、

次の瞬間、

コーチング理論により容易に説明できました。




まず、

日々の研修には臨場感のあるゴールが

設定されていません。




仮に設定されていたとしても、

現状の課題の中のものです。




もし研修中にその目的以外の知識が語られたとしても、

スルーするか、非難するかで終わります。

なぜなら、その知識は

現状の快適さを脅かす可能性があるからです。




ところが、

業務改善の場合は、

「今より少ない人数で、今より良いケアをする」

という、

明らかに現状の延長線上にはないゴールが

設定されています。




今までの視点や考え方では、

決して達成できません。




もちろん、

「今より少ない人数で、今より良いケアをする」

という状態を叶えたいという思いを抱くこと(want to)、

また、先ほどの言い方だと、

現状よりもその未来の方に快適さを覚えること

によりモチベーションを抱くことが前提ですが。




そして、

そのゴールを目指して

ケアのこと、業務のことを検討していくと、

「なんで今まで疑問に思わなかったのか?」

ということに次々と気付いていきます。




盲点が消えていくわけですね。




そのプロセスに身を置くと、

そのスタッフの能力が

めきめきと覚醒していくのです。




今まで

頭では分かっていたはずの

様々な知識や考え方も、

まさに臨場感を帯びて、

自らの血となり肉となるのです。




結果として、

大きな自信も得ることができます。




ついでに言うと、

せっかくやった研修や勉強会を無駄にしないために、

業務改善の過程において

そこで伝えた知識を織り交ぜていくと、

さらに効果的ですね。




☆本日の結論
「結局、少人数ケア論に行き着きますわ。」

コーチング理論において、

カジノや宝くじで思わず大金を手にした人は,

その後身を滅ぼすことが多い、

という例がよく挙げられます。




それは、

突然その立場になった時に、

そのお金の有効な使い方が分からない

からだと思います。




だから、

・仕事を辞めたり、

・無意味に豪遊したり、

・変な投資をしたり、

といったことをして、

自らの生活そのものを

破綻させるのだと思います。




そもそも、

大金を有効活用するというのは、

かなりクリエイティブな行為であります。

まずビジョンが必要であるし、

そのビジョンに対してどう投資するか

を考えるだけの能力も必要です。




そのビジョンや能力がないのであれば、

日常生活を維持するのに必要な金額

プラス少々の収入

くらいが快適な状況だと思います。




むしろ、

その生活を切り詰めていって、

貯金をさらに増やす

というくらいの方が、

より充実感を得ることができるかもしれません。




さて、




このことは、

全て「介護スタッフ少人数論」に

置き換えることができます。




必要以上のスタッフを配置した上で、

サービスレベルを発展させるのは

かなりクリエイティブな仕事です。

ビジョンと能力が必要になります。




それがなければ、

スタッフの多さにかまけて、

・役割分担があいまいになったり、

・非合理的な業務が当然のものとなったり、

・個々のスタッフの能力が退化したり、

・利用者を放置しておしゃべりばかりしたり、

といった具合に、

チームスタッフも利用者も

壊れていきます。




なので、

スタッフの適正配置は、

ギリギリ+ちょこっと

くらいをお勧めします。




そして、

自分たちの価値感をさらに高めたいのなら、

そこから無駄を省いて余裕を生み出し、

より良いケアや多くの有給の獲得を目指せば

良いと思います。




そういうことを考えていく方が、

はるかに楽ですから。




☆本日の結論
「プラスを考えるよりマイナスを埋める方が簡単。」

 | BLOG TOP |