プロフィール

元気の子

Author:元気の子
多くの介護関係者が何となく思っていることを、あたかも理論的に言語化するのが好きですが、エビデンスはほとんどないのでご了承ください。

(連絡先)
info@yotsubakai.or.jp




最新トラックバック



カテゴリ


成果

介護リーダーのやりがいとは何か?




これまた意外と難しい問いですね。




単に上昇志向がある人なら、

役職に就くだけでテンション上がるでしょうが、




多くの介護リーダーは、

仕方なく引き受けるのではないでしょうか?




なので、

やりがいをスッパっと言える人は

少ないと思います。




なので、




やはり原点に立ち返り、

ドラッガーなのです。




ドラッガーは、

マネジメントの目標は成果を上げること

だと主張しています。





つまり、

マネージャー(介護リーダー)の存在価値は、

成果を上げることなのです。





そこに

達成感を得ることができれば良いのです。




ということは、

自分にとって、自分のチームにとっての

成果とは何か

ということを明確にする必要があります。




はっきり言って、

これが不明確なために、

全てがぐだぐだなのです。




てか、

このことはこのブログで、

様々な理論や視点でもって、

かなりしつこく書いていますが。




それだけ大事なのです。




特に福祉業界は、

成果が非常に分かりにくいですからね。

ましてや入所施設は。





もし、

今いる施設やチーム状況、

あるいは介護のレベルが

ボロボロであれば、

そこを再生するのは、

とても分かり易い成果ですよね。




トップからそれを依頼され期待されたら、

しんどい仕事にはなりますが、

はっきりしてて良いと思います。




逆に、

そこそこ仕上がっている施設であれば、

どうでしょう?




現状維持で良しという風になりませんか?




でも、

現状維持で達成感は得られないですよね。




そんなことをしていると、

自分の存在価値を見失ってしまいます。




なので、

そんな時は、

介護リーダーの上司が、

一緒に成果を考えてあげましょう。




それが上司のサポートです。




☆本日の目的
「リーダーの上司の成果って何?施設長の成果は?理事長の成果は?」


コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yotsubakai4.blog94.fc2.com/tb.php/1559-d3e53ce5

 | BLOG TOP |