プロフィール

元気の子

Author:元気の子
多くの介護関係者が何となく思っていることを、あたかも理論的に言語化するのが好きですが、エビデンスはほとんどないのでご了承ください。

(連絡先)
info@yotsubakai.or.jp




最新トラックバック



カテゴリ


闘争-逃避の文化というのは、

誰もが避けたいものだと思いますが、

良い面もあります。




それは、

お互いの仕事に対して

批判的な議論ができる

という点です。




自分の責任外のことであっても、

疑問に思ったら意見をぶつける。

私、そういう文化は嫌いではないです。




むしろ、

福祉施設のようになぁなぁ(つがい文化)になりやすい

状況においては、

むしろ必須だと思います。




夜勤中においても、

別フロアの夜勤者がちゃんと仕事をしているか気になる。

場合によってはチェックする。

それくらいの文化があった方が、

虐待も抑止できると思います。




他者や他フロア、多職種の仕事に

口を出さないというのは、

それらを信用しているということではなく、

面倒、リスクを避ける、自分たちのことだけ考えたい、

というマイナス面からきている行動だと思います。




そういう人に限って、

いざ問題が起きた時に、

「実は気になっていた」

なんてことを言ったりします。




もちろん、

それらに対する指摘や攻撃だけに終始してしまい、

あたかもそれが本業のようになってしまっては、

まさに闘争-逃避文化になってしまいますので、

適度な加減が望ましいですね。




おしまい。




☆本日の結論
「何でも疑問に思ったら、根拠や目的を確認する習慣を!」

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yotsubakai4.blog94.fc2.com/tb.php/1562-0f3fe05f

 | BLOG TOP |