プロフィール

元気の子

Author:元気の子
多くの介護関係者が何となく思っていることを、あたかも理論的に言語化するのが好きですが、エビデンスはほとんどないのでご了承ください。

(連絡先)
info@yotsubakai.or.jp




最新トラックバック



カテゴリ


私が時間のある時にすることの一つに、

大きな法人・会社のHPを見ることがあります。




理由は言うまでもなく、

HPの作り方はもちろん、

様々な取り組みのヒントを得るためです。

あるいは、

自分たちの組織に足りないものや盲点に

気付くためでもありま。




でも、

この作業はかなり苦痛なんですよ。

その理由は、

「自己評価維持モデル」で説明できます。




以下はこの理論の説明です。




・人間は自分の評価を他者との比較で決める。

・そして、自分が劣っていると感じる情報に接した際には、
 自己評価を維持するための行動を選択する。
 つまり自分を守るための行動(防衛)に出る。

・他者と比較した自己評価のメカニズムは次の3要因で決まる。

・それは「自己関連性」、「課題の遂行」、「心理的距離」である。

・「課題の遂行」とは、
 例えば、甲子園に行ったとか、仕事が成功したとか、
 子どもを良い学校に入れた等といった成果のことである。

・他者がよい成果を達成した時、
 もし自分も同じ成果を意識しており=「自己関連性」、
 その人が自分にとって近い存在だったなら=「心理的距離」、
 非常に惨めに感じるのである。

・この場合の対処方法(防衛)としては、
 自己関連性を下げる=その分野への興味をなくすか、
 心理的距離を下げる=その人から遠い存在になる
 という二つがある。

・つまり、課題、あるいは成功した他者に対して、
 攻撃的になるか、無関心になるか
 といった行動を選択するのである。





つまり、

同じ介護分野にて、

自分よりも成功している法人・会社の情報に

自らより詳しく接近するということは、

これらの対処方法の逆となりしんどいのです。




しかし、

これは「自己関連性」の面だけであり、

もし、知り合いや近隣の方の華々しい成果であれば、

さすがに耐えきれないかもしれません。




が、




そうとも言い切れなくて、




実は、

適応的な対処方法として、

「自分の遂行レベルの向上に向けて努力する」

というものがあります。




つまり、

・負けないように頑張る!

・妬みの種ではなく、良い刺激として捉える

ということですね。




ただ、こういう思考は

凡人の場合

かなり意識しなければ

不可能なので、

そのようなマインドを準備した上で、

HPを拝見する必要があります。




また、




この理論には、

もう一つ面白いメカニズムがあり、




それは、

自己関連性の低い課題において、

他者が自分以上の有能さ示した時、

その他者が心理的に近ければ、

むしろ、その成功を誇る気持ちが強くなり、

他者の栄光を自分に引き寄せ、

自己評価が引き上げられる


というものです。




例えば、

自分の高校時代の同級生が、

自分と同じ介護業界で成功していたら、

文句を言ったり、距離を置きたくなるのに対し、

自分の全く興味のない漫画家のような分野での成功であれば、

むしろ誇らしげに人に自慢したくなる

ということです。




要は、

人に妬まれず成功したいのなら、

ニッチな分野で成功するべき

ということですね。




☆本日の結論
「兄弟は別の分野に興味を持つのが良い。」

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yotsubakai4.blog94.fc2.com/tb.php/1568-035c27dd

 | BLOG TOP |