例えば、

かつてとあるデイサービスを長く利用していた方が、

紆余曲折があった後、

同法人の特養に入居することになったとさ。



その利用者自身は、

まだ記憶がある状態で。




それだけに、

入居に対しての不安が強い様子。




特養の相談員は、

その不安を払しょくするため、

入居初日に、

かつて利用していたデイの職員が出迎えてくれればいいなぁ…

なんて脳裏をかすめたが、

結局実現することはなかったとさ。




なぜ実現しなかったのか?



こういうホスピタリティが発揮されれば、

本人が安心するだけにとどまらず

家族も喜び感動し、

その施設の評判にさえ良い影響を与えるかもしれないのに。




なぜ、

実現しなかったのか。




それは、

その相談員はデイの職員に遠慮したからです。




こんなことのために、

わざわざ来てもらうのは

悪いなぁ




これは、

読者の皆さんも

容易に想像できますよね。




あるあるですよね。




でも、

このような遠慮が、

多くの素晴らしいサービスの機会を奪い、

あらゆる仕事の効率性を悪化させているのです。




特に日本人、

特に福祉で働く人は、

その優しく協調的な性格ゆえに、

仕事において頻繁にこのようなミスを犯します。




身内に遠慮して機会を逃す。




そして、

その遠慮の正体は、

「人に悪く言われたくない」という

保身ですから。




つまり、弱さです。




そのような弱さをドラッガーは、

「真摯さの欠如」

と言っています。




この「真摯さ」とは、

成果に対する「真摯さ」と解釈してください。




利用者の利益という成果のために

本来すべきことが

自分の弱さゆえにできないのです。





そういう性格の人が、

要職に就いていると

その施設、その法人は反映するわけがないですよね。




施設も多く持ち、

有能な専門職も多い法人だが、

なぜか評判もイマイチで利益も出ていない。




そのような現象があれば、

ほぼ間違いなく、

要職に就いている人間のマネジメント力のなさでしょう。




多職種連携とか、

施設間の連携とか、

言うのは簡単ですが、

誰にも遠慮することなく、

他者から悪く言われることに微塵も恐れず、

容赦なく要求を出せる、

いわばサイコパスマネジャーがいなければ、

機能しないんですよ、全く。




感動的なサービスの裏には、

厳しさがあるものだと思います。




おしまい。




☆本日の結論
「この事例は、わての施設のことではないですよ。」

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yotsubakai4.blog94.fc2.com/tb.php/1584-e25a6ee2

 | BLOG TOP |