前回の続きのような内容ですが、

今、

団塊の世代の退職に伴う

大幅な労働者の減少、

そして、

それを穴埋めすべく

新卒者をはじめとした

強烈な人材買いの動きにより、

失業率は超低水準にあります。




つまり、

どの産業も人がいなくて困っており、

人材確保に汲々としているわけですね。




中でも、

相変らず需要が伸び続けている

介護系は大苦戦なのです。




ましてや、

今まで、大手や巨大企業は

福祉大生には見向きもしなかったのですが、

今は良い条件で必死にリクルートをしかけており、

結果、そちらに多くの福祉系人材が流れ、

ますます苦しい状況なのです。




しかし、

私は、

苦しいのは今だけで、

近い将来、その問題は解決されると

楽観視しています。




理由は、

外国人労働者

ではなく、

人工知能とロボットです。




製造業はもちろん、

多くのサービス業においては、

今後、

これらの発達により、

人が不要になるからです。




その変化は恐ろしいスピードで

加速されていくと考えています。




結果として、

どんなにテクノロジーが進化しても

一定以上の人手を必要とせざるを得ない福祉分野に

人材が還流されるのです。




おそらくあと10年、

早くて5年で、

その傾向が始まると思います。




その時に、

それらの人材を指導し、

マネジメントできる能力を持った人は、

かなり重宝されるようになるでしょう。




よって、

皆さん、

あと10年、

歯を食いしばって頑張りましょう。

そして、10年後のために、

専門的な力を身に着けておきましょう。




おしまい。




☆本日の結論
「福祉系以外は、ほぼAIとロボットで供給可能。」

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yotsubakai4.blog94.fc2.com/tb.php/1601-0dea5aba

 | BLOG TOP |