少なくとも福祉業界においては、

多くの場合、

新規事業や企画は経営者が考えます。




「今後は〇〇をするぞ!」

という掛け声に対して、

管理職をはじめとする従業員の最初の反応は、

「え~、マジでぇ~」

的な感じですよね。




これは、

「また、大変になるなぁ~」

「今でさえ忙しいのに」

「また異動?」

「てか、スタッフいないだろ」

「そんな余裕があるなら既存の施設をどうにかしてよ」

という思いが背景にあるからでしょう。




しかし、




だからこそ、




「社長!(理事長!)

今度〇〇の地区に〇〇を新規でやりましょう!」


と逆に提案する従業員がいたとしたら、

その価値は超レアなのです。




しかも、

単に威勢がいいだけでなく、



「集客はできるのか?」

「はい!あの地区には競合はまだいません!

やるならいまのうちです!」



「人の問題は?」

「はい!立ち上げメンバーに関しては私がどうにかします!」


「既存の施設は大丈夫か?」

「はい!私がその時期までに仕上げます!」



ここまで言い切るだけの実力と責任感、

向上心と勢いがあれば、




この福祉業界でこのご時世であったとしても、

最低でも年収1千万はゲットできるでしょう。




どのような経営者でも

きっとそのような人材を求めています。




そこに希望があるのです。




☆本日の結論
「まあ、それだけの人材は起業する確率が高いんですが。」

コメント

福祉業界で年収1000万以上とってる人って、

よっぽど優秀な特養経営者か、

よっぽど悪どい民間の経営者くらいじゃないですか。


清く正しく美しく頑張ってたら民間では無理です。

Re: タイトルなし

例えばデイや小規模多機能等を5箇所ほど持ち、
統括責任者としてそれらを常に高稼働率させ、
スタッフのマネジメントもやり切り、
同時に人材育成していくだけの力があれば、
正攻法で十分可能な数字だと思いますよ。

そんな人は他の業界でバリバリやってますよ。

介護業界にも素敵な人はたくさんいますが、私が知ってる素敵な人ってだいたい現場で輝いていますね。

それが彼女たちの望みでもあります。

そういう現場で輝く人達の処遇をもっともっとよくしてあげたいものです。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yotsubakai4.blog94.fc2.com/tb.php/1606-1a105256

 | BLOG TOP |