「特養は生活(暮らし)の場です!」




という言葉は、

今後は、

理念ではなく商品として考えるべきだと思います。




なぜなら、

介護医療院が新たに生まれるからです。




生活(暮らし) + 介護 = 特養

に対して、

生活(暮らし) + 介護 + 医療 = 介護医療院

となります。




既に医療がない分、

特養は不利なのです。




よって、

生活の場として特養に有意性がなければ、

完敗です。




だからこそ、

「うちには医療はないけど、

生活の場としてのクオリティが全然ちがいますから!」


と言い切れるだけの商品価値が必要なのです。




しかも、

介護度の軽い方が含まれているGH等では、

自然と生活感が発生しやすいですが、

今や介護度の高い方しか入居できない特養では、

高度なケアを促進すればするほど

生活感から離れていきます。




なので、

今まで以上に、

・生活の場とは?

・暮らしの場とは?

・(施設内)コミュニティとは?

といったことを強く意識し、

様々な工夫を考え実践する必要があります。




というわけで、

暮らしの場・生活の場・コミュニティ部会

を立ち上げることにしました。




現場で仕事をしている時や日頃のカンファレンスでは、

なかなかそこを考えるということはないですからね。




話しは変わりますが、




先日、

とある方の誕生日の企画にて、

本人の口から「お墓参りに行きたい」という言葉が出たので

行きたいです、という提案がありました。




それに対して私がアドバイスしたのは、

普通、墓参りは盆か彼岸か命日に行くと思うよ。

自分の誕生日に行く人っている?

ということです。




結局、

墓参りは、

(以前の生活を調査した上で)

彼岸に行くことになりそうです。

で、誕生日は別に考えましょうと。




個別の誕生日企画という機会があったため、

たまたま墓参りというニーズが浮かび上がりましたが、

本来であれば、盆や彼岸に向けて、

ニーズを抽出しておくべきですよね。




そういう実践も、

生活の場としてポテンシャルだと思います。




おしまい。




☆本日の結論
「特養は暮らしの中にケアがある。←意外と盲点です。」

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yotsubakai4.blog94.fc2.com/tb.php/1608-43824404

 | BLOG TOP |