プロフィール

元気の子

Author:元気の子
多くの介護関係者が何となく思っていることを、あたかも理論的に言語化するのが好きですが、エビデンスはほとんどないのでご了承ください。

(連絡先)
info@yotsubakai.or.jp




最新トラックバック



カテゴリ


男気

先日、

なぜか、

とんねるずの番組が録画されていたので、

なんとなく見たら、

「男気じゃんけん」

というコーナーがかなり面白かった。




地域経済復興のために、

全国各地の道の駅をまわって、

誰も買わないような高価でしょうもない物をチョイスし、

じゃんけんの負けた人が

まとめ買いしなければいけない。




で、

そのプロセスで男気のない言動があれば、

ケツバットされる

というルールだ。




私が見たときは、

清原、哀川翔、佐々木健介、氣志團の綾小路翔などの

男気キャラが揃っていて、

絶妙でした。




見逃した方、今なら見れますよ↓↓






いや~、

こんな面白い企画を考える人がいるなんて、

テレビ業界も捨てたもんじゃないなぁ。




でも、




なかなか男気のある言動はできるもんじゃ

ないわけで、




例えば、

先日チャーハンを1個だけテイクアウトしようと、

店に電話をした時の話。




(私)「あの~、テイクアウトお願いできますか?」



(店主)「あ、ちょっと待ってね。」

    メモ用紙を用意している様子が伝わる。

    「はい、じゃあ、どうぞ!」




(私)「チャーハン1つだけなんですけど…。」



(店主)「はい、分かりました。では30分後くらいに。」




やってしまった…。




私が第一声で

「チャーハン1つテイクアウトいいですか?」

と言えば、

店主にメモ用紙を取りに行かせなくて良かったものを、




期待させる(多く注文する)ように受け取れる感じを

出してしまったために、

店主に失望と同時に恥までかかせてしまった。




本来なら、

わざわざメモを用意した店主に男気を発揮して、

チャーハン2つ!

ギョウザ3つ!

から揚げの大を1つ!

あと、野菜炒めの大も1つ!

などと、メモりがいのあることを言うべきだった。








またある時は、

タクシーから降りようとする寸前に、

メーターがピコリと上がったので、




思わず「あっ」

男気のない発言を漏らしてしまった。




これは完全にケツバットだ。




よっぽど嫌いな感じの運転手じゃなければ、

やってはいけない行為だ。




おそらく男気のある人なら、

百円の位が四捨五入で繰り下げの数字であっても、

千円単位で金を払い、

「釣りはいらねぇ」

なんだろうなぁ。




自分の場合、

宝くじで2億円当たった日の帰りのタクシーでも、

「あっ」て言っちゃいそうだもんな。




とにもかくにも、

単なる浪費家、気前の良さとは違い、

そこに「人情」や「粋」のようなものを感じるから

男気なのである。




つまり、

福祉の仕事こそ男気が必要

ということが言いたかったのです。




☆本日の結論
「この言葉、年内はネタとして使えそうだな。」

コメント

「つまり、福祉の仕事こそ男気が必要」
という結論に結びつけた雑さから、面倒臭かったんだろうなぁ…という人間味溢れる印象を受けた記事でした。

あくびさんへ

介護ブログのわりに、最近映画ネタとか多いから、
今回くらいは一応介護のことに触れた方がいいかなぁと思って。

男気で勝負するなら元気の子さんには勝てるかもしれません。
いえ、圧勝だと思います!

チビ助さんへ

そりゃ、チビ助さんの男気には敵わないっすよ。

足元にも及びませんよ。

最近は、男気にあふれた、
生物学的女性が増えているように
思います(笑)。

mayさんへ

男気があるのならば、
生物学的には男でも女でもOKです。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yotsubakai4.blog94.fc2.com/tb.php/560-a6473ae1

 | BLOG TOP |